2012年のページ目次

空手古書道連盟表紙に戻る 古書にまつわるエピソードなどを不定期に掲載しています、お楽しみに
空手古書道2011総括
1)ペキンパー PECKINGPAR VOL.2 「総力特集 真樹日佐夫」 オルタナビジョン 2011年12月 2)DVD 成嶋弘毅 葉隠流空手 クエスト 2012年1月 3)古伝琉球唐手術 岩井作夫著 愛隆堂 1992年
4)本部朝基と琉球カラテ 岩井虎著伯 愛隆堂 2000年・2010年 5)最後の気論 今田柔全著 福昌堂 1991年 6)DVD 中国武術の構造 山田英司 フルコム 2012年2月 7)DVD 極真館 極真空手武器術 棒・トンファー クエスト 2012年3月DVD 極真館 極真空手武器術 杖・釵 クエスト 2012年4月
8)武道空手の本質とは 中達也著 大志塾 2012年 9)沖縄空手道の歴史 新垣清著 原書房 2011年 10)温故知新 沖縄県空手道連盟創立三十周年記念誌 沖縄県空手道連盟 2011年 11)琉球の武士道 仲本政弘著 文武館 2012年
12)訃報 劇画家・影丸穣也 13)プログラム 八木明徳先生生誕百周年記念国際演武大会 国際明武舘剛柔流空手道連盟 2012年3月 14)プログラム ファイティングオープントーナメント2012全沖縄空手道選手権大会 15)案内書 宮里榮光芸能館
16)チラシ DOJO bar(沖縄飲処道場) 17)プログラム 流祖宮城長順生誕百二十周年記念第五回世界武道祭 18)空手道教範 船越義珍著 榕樹書林 2012年5月 19)フルコンタクト空手 勝つためのテクニック 杉原正康監修
20)四角いジャングル 梶原一騎・中城健 講談社 1978年 21)日子流体術 目録技解説 田中光四郎著 壮神社 2012年10月  22)DVD 和道流流祖 大塚博紀 空手伝説 クエスト 2012年7月 23)DVD 與儀会館 琉球古武道武器術 初級篇 クエスト 2012年10月
24)DVD 現実対応型制圧術 クエスト 2012年10月 25)DVD 新極真会 塚本徳臣 激闘篇 クエスト 2012年11月 27)命の恩人 大山倍達 前田達雄・真崎明著 蕗書房 2012年10月 28)Okinawan Karate Timeline&100masters  外間哲弘著 2012年11月

空手古書道2011年総括 (2011年の主だった入手した古書、新刊書、DVD、大会を振り返ってみます)

古書は、「空手新聞、剛柔流空手道、空手の歴史、空手道(摩文仁賢栄)、空手非常、廣西元信追悼録、沖縄の名言、大動乱 空手由来記、沖縄空手古武道、松濤館基本型教本、空手の半四朗、鎌・鉄甲・ティンベー・スルジン、」

新刊書は、「鬼と云われた男 千葉拳二郎伝、沖縄空手界のチャンミーと呼ばれた漢喜屋武朝徳、尊い武道、達人空手家30人に見る 空手「技」の歴史、マンガ 緑健児物語、武道のリアル、日本人の心を奮い立たせるサムライの言葉、琉球秘伝武術 手を使う!、空手の原理原則、日本空手道研修会 六十年のあゆみ、空手道要諦、BUDO KARATE(武道空手)、見えない空手の使い方、KURO-OBI無敵の黒帯を目指せ!、折れるな!日本が教えてくれた武士の魂、ああ五十年 身に余る 真樹日佐夫ワル自伝、プログラム 空手道古武道交流祭、沖縄空手古武術無心舘十周年記念誌、生涯の空手道、唐手から空手へ、黎明流空手道黎明拳舎20周年記念誌」

DVD・ビデオは、「極真館 極真空手型全集 全3巻、攻撃捌 実戦護身道空手円誠塾、沖縄空手の真髄「型」を打つ、KG(KARATE GIRL)、外間哲弘 沖縄空手・古武術の指南 全3巻、淑徳巣鴨高校空手道部 強さの秘密、廣木道心 護道、盧山初雄直伝 極真館国際指導者技術研修、白蓮会館 南豪宏 神速豪腕の突き、東恩納盛男 沖縄剛柔流の真髄 全2巻、新極真会 緑健児 ストグレ魂、」

参列した大会・行事は、「佐藤塾POINT&K.O.全日本大会、極真館ウェイト制大会、散打交流大会、白蓮会館関東大会、沖縄空手演武会、日本空手協会全国大会、中野チャンプルーフェスタ・上地流修武会演武、世界松涛舘世界大会、国際松濤館全国大会、糸東会全国大会、和道流空手道連盟全国大会、剛柔会全国大会、和道会全国大会、上地流国際大会、護道東京セミナー、厳誠塾全国大会、新極真会全世界大会、極真会館全世界大会、拳道会全国大会、無心舘創立十周年記念演武大会、極真館全日本大会、黎明拳舎20周年記念大会、極真連合会全日本大会、全空連全日本大会」

2011年も一週間ごとの記事アップペースで古書より新刊書の紹介が多くなりました。6月中に空手資料の整理に40時間程費やしました。ダンボール箱約480箱に及ぶ整理は気力・体力との闘いですが楽しみながらやりました。毎年になりますが、F出版社のM編集長から多くの資料を提供していただきました。行事も毎年ながら参列した中、極真館の盧山初雄館長と岡崎寛人先生、葉隠塾の成嶋弘毅先生、和道流空手の大塚博紀先生に多々お会いした年でした。7月の沖縄訪問では沖縄剛柔流拳志会の外間哲弘先生、沖縄剛柔流明武舘の八木明人先生、松林流喜舎場塾の新里勝彦先生、琉球古武術保存会の仲本政博先生と面会しました。日常的には刀禅会への参加、ヨネヤマ整体院でのメンテナンス、大沢食堂での会食。今年は、入手作業より整理・研究作業を主に取り掛かる予定です。

28)Okinawan Karate Timeline&100masters  外間哲弘著 2012年11月

既発の書籍「100masters of  Okinawan Karate」(沖縄空手列伝百人)と「Timelineof Karate history」(空手道歴史年表)を合作させた新刊書。両書とも品切れ、絶版扱いになっていたが需要・要望があり発行された。写真が新たに追加された。自費出版。1000部発行。A5版、全289ページ。3000円。

27)命の恩人 大山倍達 前田達雄・真崎明著 蕗書房 2012年10月

極真カラテ(極真会館・松井章圭館長)の映像作品を制作・発売する会社メディアエイトの元社長と元ディレクターの共著。元社長の前田達雄氏は2011年3月に逝去。ほとんどは元ディレクターの真崎明氏が執筆。大山倍達との出会いとエピソード、大山倍達亡き後とビデオ制作にあたる出来事、前田達雄氏の半生が記されており、関係者から見た極真史でもある。四六版、全180ページ。1600円。

26)DVD 松井章圭 名勝負総集編 メディアエイト 2012年11月

極真会館・松井章圭館長が現役時の試合総集編。ビデオ作品の「松井章圭 炎の真剣勝負ベスト11」は11試合の収録だが、このDVDは27試合収録。第3回世界大会(1984年)、第17回全日本大会(1985年)、第18回全日本大会(1986年)、第4回世界大会(1987年)から華麗なる足技がライバル達との激闘とともに甦ります。黒澤浩樹、増田章、アンディ・フグ、マイケル・トンプソン、そして第17回大会4回戦の堺貞夫を収録。特典でメディア8作品松井館長CM集を収録。松井章圭100人組手のノーカット版も発売してもらいたいものである。158分、6476円。

25)DVD 新極真会 塚本徳臣 激闘篇 クエスト 2012年11月

極真空手の歴史で不動の金字塔を打ち立てた塚本徳臣。大山倍達が亡くなり組織がわかれても誰もが認める記録を残した。史上最年少での世界王座戴冠した第6回世界大会(1996年)から史上最年長で再び世界チャンピオンになった第10回世界大会(2011年)まで、自らが選んだ記憶に残る名勝負33試合を厳選。鈴木国博、塚越孝行、村山努、山田一仁、ローマン・ネステレンコなどライバルとの激闘譜。そして、選手生活を振り返ったインタビューを収録。203分、5600円。

24)DVD 現実対応型制圧術 クエスト 2012年10月

現実の危険に対応するための数々のノウハウを初公開。世に出ている護身術やミリタリー系格闘技の本やDVDを多く参考にしてきたが、困難な技術で実際には使えない技が多いという。実際の闘争において本当に役立つ制圧術を紹介。人の身体は気持ちの持ち方で全然動きが変わってくる、自らの心の状態が身体や空間に影響を与えていることことを基にした身体操作である心体技法。この心体技法をもって制圧術を具現させる。内容は、心体技法の解説、日常でのトレーニング法、さまざまな場面での制圧技を紹介。米山俊光氏は、元警察官で、現在は武術心体バランス研究会光武会代表、心体バランス療法ヨネヤマ整体院院長。そして、女子プロレスラー米山香織選手の実父でもある。120分、5600円。

23)DVD 與儀会館 琉球古武道武器術 初級篇 クエスト 2012年10月

國際琉球古武道與儀會舘は、沖縄県西原町にある琉球古武道と上地流空手の道場。国内外の大会で古武道武器術の実績を多く出している。毎年7月初めに千葉県浦安市で琉球古武道武器術の大会を主催しており、関東の沖縄空手道場が流派を越えて参加している。空手のビデオDVDは沢山発売されているが、武器術のものはほとんどない。このDVDは沖縄に伝わる武器術を丁寧に紹介した教則作品。初級篇では、棒、釵、ヌンチャクの基本と補助運動、形と分解を実演、解説。81分、5600円。

22)DVD 和道流流祖 大塚博紀 空手伝説 クエスト 2012年7月

伝統派空手道四大流派の一つ和道流流祖・大塚博紀の秘蔵映像発掘。生誕120周年を記念して、大塚博紀2代宗家・最高師範が保存していた古フィルムを初公開。そして、2代宗家および大塚和孝3代宗家による演武。初代宗家の思い出と和道流についてのインタビュー。初代宗家の道着、書、刀なども収録されている。受け継がれてきた貴重な武道遺産を後世に伝え残す永久保存版DVD。101分、5600円。

21)日子流体術 目録技解説 田中光四郎著 壮神社 2012年10月  

DVD「田中光四郎 日子流」シリーズ(発売クエスト)の書籍版。5年以上前から執筆・制作を進めており完成。そして、今年10月19日に「日子流体術 目録技解説」出版記念パーティーが東京・大塚のホテルにてありました。約150人が集まり田中光四郎先生の新刊書発売をお祝いしました。全員にこの新刊書(署名入り)と特性グラスが配られました。パーティーは来賓の挨拶と日子流演武がありました。武道界からは、剣武天真流の青木宏之先生、佐藤塾の佐藤勝昭先生、義龍会の廣瀬義龍先生、躾道館の小林直樹先生、今野塾の今野敏先生、元キックボクサーの錦織利弘先生、光武会の米山俊光先生など各界から参列がありました。B5版上製、全183ページ、函付。6000円。

20)四角いジャングル 梶原一騎・中城健 講談社 1978年

1970年代後半のマーシャル・アーツ、極真空手、キック、ムエタイ、プロレス、異種格闘技戦を取り上げた漫画。「少年マガジン」誌にて連載。漫画本は、新書版、四六版(デラックス版)、文庫版と三種サイズ発売された。後にドキュメンタリー映画3部作が制作・公開されて、ビデオ、LD、DVDも発売。その主人公を映画の中で演じた赤星潮こと高桑満弥氏と遭遇出来ました。もともと架空の人物で映画化にあたり配役されました。高桑満弥氏は極真空手通信教育から真樹道場を経て、現在高桑道場として後進の指導にあたっている。映画の流れで黒崎健時先生のもとでも練習してキック試合を3戦やったそうです。ベニー・ユキーデとは会場で見かけたことはあるが、話しをしたことはない。もちろんミル・マスカラスとプロレス試合はしていません。真樹日佐夫先生の古参弟子として独立後も真樹先生と接し、空手だけでなく人生について学んだとのこと。真樹日佐夫先生を一言で言うと「象のように優しい人」。当時は高校生だった現・極真館の岡崎寛人師範と真樹道場での思い出話しも尽きませんでした。 又、当・空手古書道連盟の活動にも絶賛していただき嬉しい限りです。58歳の現在でも真摯に空手に向き合い、日々の練習を怠らず、真樹日佐夫先生の教えを伝えています。

高桑道場HP http://www.asahi-net.or.jp/‾pr2s-inue/ino/karate.html

19)フルコンタクト空手 勝つためのテクニック 杉原正康監修 コスモ21 2011年6月

白蓮会館の杉原正康館長の還暦祝いに併せて制作、発売された空手技術書。白蓮会館はフルコンタクト空手界で極真大会をはじめ多々入賞者を出しておりその存在はよく知られている。少林寺拳法出身の杉原館長の指導はサブタイトルにもある、白蓮会館独自の「逆技」も学べる技術書となっている。内容は、空手をはじめよう!、侵略者軍団のチャンピオンテクニック、技を捌く技を返す技術を身につけよう、空手で強くなるための様々な鍛練法、関東&東日本勢の合同練習、侵略者軍団のトップファイターテクニック、白蓮会館だから学べる柔法。南豪宏、北島悠悠、山口翔大と8人の白蓮戦士テクニックを写真解説。杉原館長の日常の独自鍛練法も紹介。白蓮会館の技術ビデオDVDは10年以上前に発行されており更なる発行も望まれる。A5版、全160ページ。1800円。

18)空手道教範 船越義珍著 榕樹書林 2012年5月

発行元の榕樹書林は、船越義珍の著書「琉球拳法唐手、錬膽護身唐手術、空手道一路」も復刻出版を手掛けた出版社である。この「空手道教範」は、当連盟HPの2010年(33)で記事にしており内容についてはご参照下さい。今回の復刻出版は昭和16年の増補版。巻頭に「空手道教範」解題、文・宮城篤正が13ページに渡り掲載。本書出版に至る経緯、本書刊行の推移、英語版「空手道教範」の事、初版・増補版、戦後版の相違点、父子合作になる創作型に就いて、とこの書にまつわる考察が述べられている。付録として「大日本空手道天之形」が付いている。併せて「がじゅまる通信No.70 空手道教範」も挟み込みされている。A5版、全358ページ。2800円。限定1500部発行。

17)プログラム 流祖宮城長順生誕百二十周年記念第五回世界武道祭 国際沖縄剛柔流空手道連盟 2008年7月

2008年7月26日、沖縄県立武道館にて行われた世界武道祭プログラム。主催の国際沖縄剛柔流空手道連盟の東恩納盛男師範は沖縄空手界はもとより本土の空手界とも広く交流しています。この大会は演武大会だけにとどまらず、稽古、技術交流会、空手セミナー・シンポジウムも7日間に渡り開催する。53ヵ国から約1000人が沖縄に集まり参加。プログラムは、祝辞七人、大会役員、演武演目、招待演武から各流派の系譜と特徴、剛柔流の歴史(国際沖縄剛柔流空手道連盟、剛柔流訓、系譜、宮城長順先生、宮城安一最高師範、東恩納盛男師範)、国際沖縄剛柔流空手道連盟国内外支部長紹介、協賛広告。A4版、全106ページ。尚、第六回世界武道祭は今年の7月15日から沖縄で行われました。

16)チラシ DOJO bar(沖縄飲処道場)

2011年7月に沖縄県那覇市でオープンしたお店のチラシ。沖縄初の空手・古武道カフェバー。沖縄素材のオリジナルカクテルは「イチゲキ、ナイハンチ、イッポンケン、トビゲリ、センテナシ、ハクツル、ワンカン、チントー、スイケン、テッケン」など遊び心満載。オーナーはイギリス出身で松林流空手を修練しているジェームス・パンキュビッチ氏。店内には巻き藁、武器、沖縄空手の長老達の写真が飾られており、来店した空手家の名刺が壁に沢山貼られている。空手発祥の地・沖縄で空手談義が日々熱く繰り広げられるお店である。ハガキサイズ。

「DOJO bar」沖縄県那覇市安里101 TEL098-911-3601 DOJO barHP http://www.dojobarnaha.com/ 

15)案内書 宮里榮光芸能館

沖縄県那覇市にあるお店の案内書。このお店は普通の居酒屋と違い空手演武が行われるお店です。空手家である琉球古武道龍榮会の宮里榮光先生のお店。お店にあるステージで宮里榮光先生の空手・古武道演武や琉球民謡、琉球舞踊、大獅子の舞のショーがあり有名な鎌ヌンチャクも目前で見られます。お店の状況によっては宮里榮光先生と空手談義できるかも。空手関係者が多々来店するお店でもある。泡盛と沖縄料理を味わいながら沖縄空手を堪能できるお店です。

「宮里榮光芸能館」沖縄県那覇市若狭3-44-13 TEL0988627198 

宮里榮光芸能館HP http://miyazatoeikou.com

14)プログラム ファイティングオープントーナメント2012全沖縄空手道選手権大会

国際空手拳法連盟 白蓮会館沖縄支部 2012年5月

沖縄は沖縄伝統空手の本拠地であるが、極真4団体、真樹道場、白蓮会館、大道塾、芦原会館などのフルコン系空手道場も多々あり大会も行われている。最近ではキックや総合格闘技のジムも出来て試合大会も行われている。この「ファイティングオープントーナメント2012全沖縄空手道選手権大会」は、白蓮会館沖縄支部(仲田央希支部長)が主催する大会。幼稚園、小学生、中学生、女子、壮年、一般の部があり440名の参加者で行われた。会場には白蓮会館の杉原正康館長、WKO世界組手連盟のジャド・リード師範、極眞会の水口敏夫代表、與儀会館の與儀清会長、波之上明武舘八木道場の八木一平舘長、宜野湾市の佐喜真アツシ市長などが来場。2012年5月27日、宜野湾市立体育館。A4版、全52ページ。全カラーのこのプログラムは会場で無料配布。

13)プログラム 八木明徳先生生誕百周年記念国際演武大会 国際明武舘剛柔流空手道連盟 2012年3月

平成24年3月4日に国立劇場おきなわにて行われた演武大会のプログラム。八木明徳先生生の足跡を紹介する写真、直筆書、略歴、明武拳を掲載。ご挨拶(宗家二代目の八木明達、宗家三代目の八木明人、比嘉稔、山口剛史、金澤弘和、知念賢祐、下地康夫、沖縄県知事の仲井眞弘多など)、「父・宮城長順の思い出」湖城慰子(宮城長順次女)、大会プログラム、後半ページは協賛広告、世界の国際明武舘剛柔流空手道連盟の道場案内。大会演目は、国際明武舘の総本部・カナダ支部・カザフスタン支部・千葉支部・チェコ支部、オーストラリア支部・イタリア支部・アルゼンチン・スロベニア支部・インド支部・アメリカ支部・山梨支部・フィリピン支部の演武、招待演武として南宗少林俗派、沖縄空手古武道連盟、国際上地流空手道連盟、ワールド王修会、日本空手協会、映画「黒帯」スーパーエキシビジョン、琉球舞踊、エイサーなど。A4版、全80ページ。今回の大会記念としてTシャツとマグカップも制作されました。写真は、八木明達先生。(今年5月26日・那覇にて)

12)訃報 劇画家・影丸穣也

年明けの真樹日佐夫先生に続き悲しい訃報です。「空手バカ一代、ワル」などの劇画で知られる劇画家・影丸穣也先生(本名・久保本稔)

が2012年4月5日に逝去されました。享年72歳。度々、仕事場にお邪魔したり、新極真会の大会にご一緒したりと、ちょうど10年に渡り

お世話になりました。影丸先生にとって最後の雑誌インタビュー(「空手LIFE」2011年7月号)で取材協力させていただいたのもご縁を

感じます。写真は、2011年4月23日の仕事場にてその取材時のもの。そして、影丸先生の書棚。又、世界で一枚の影丸・真樹両先生の

サイン色紙(2007年10月の新極真会世界大会でいただきました)も追悼として写真掲載します。いつも優しく穏やかに接していただいた

影丸先生のご冥福をお祈りいたします。

道心日記  2012.4.29「訃報のお知らせ」

http://blogs.yahoo.co.jp/michinokokoro/35964732.html

道心日記  2012.4.30「偉大な師へ感謝」

http://blogs.yahoo.co.jp/michinokokoro/35968490.html

11)琉球の武士道 仲本政弘著 文武館 2012年

文武館創立四十周年記念で発行。著者は、沖縄伝統古武道保存会文武館総本部会長で、空手書、画集の著書が多々ある。人としていかに

生きるべきかというテーマに、琉球に伝わる武士道、倫理、道徳を記述。全三章の構成は、日本の武士道、琉球の武士道、平和国家の宣言。

松村宗棍の直筆巻物「武の七徳」を掲載・解説。著者の師である平信賢による直筆の「琉球古武道の趣意書」を掲載。賛助員として知花朝信、

比嘉世幸、祖賢方範など長老10名が直筆署名しておりこれも掲載。第三章で沖縄に伝わる「琉球入学見聞録」、「六諭衍義大意」を紹介。

A5版上製、全157ページ。3000円。

10)温故知新 沖縄県空手道連盟創立三十周年記念誌 沖縄県空手道連盟 2011年

1981年8月7日に発足した沖縄県空手道連盟の記念誌。よく空手団体や道場では節目に足跡をまとめた記念誌が制作される。

一般には発売されず、関係者に配布されるのがほとんどである。本土で発足した全日本空手道連盟に空手発祥県である沖縄県が加盟

するのは、国民体育大会の1987年に沖縄開催によるきっかけである。本土のスポーツ競技とは趣を異なる沖縄空手が参加することは、

大きな葛藤があったことであろう。内容は、祝辞(宮城驍会長、仲井眞弘多県知事、笹川堯全空連会長など)、沖縄県空手道連盟沿革、

各流会派の系統図・沿革、座談会「県空連発足三十周年を振り返る」、寄稿文「県空連発足三十周年への想い」、論文、

新聞掲載記事及び大会記録、加盟道場の紹介(79道場)、歴代会長(長嶺将真、宮平勝哉、宮里栄一、石川精徳、比知屋義夫、宮城驍)

・歴代役員、大会入賞記録。A4版上製、全183ページ。

9)沖縄空手道の歴史 新垣清著 原書房 2011年

空手の歴史は、不明瞭な部分が多く推測の域を出ない現状である。特に発祥地である沖縄空手となると尚更である。戦争による資料の消失が大きく、長老達の口伝によるものが主となっている。その難問に取り組んだ、多くの資料と著者自身の取材を基にまとめた力作。著者は、アメリカ在住の沖縄空手無想会会長。「沖縄武道空手の極意」シリーズの著作がある。全25章の構成は、琉球王国、大和との交流、大和手、中国との交流、中国武術、海の武器商人、倭寇、琉球王国の軍事力、ヒキについての私考、禁武政策、示現流、勃興期、首里の地、唐手・佐久川の時代(14名の武術家を紹介)、佐久川の弟子の時代(23名の武術家を紹介)、松村宗昆、松村の弟子の時代(28名の武術家を紹介)、牧志・恩河事件、無刀の術、久米の地とその手(7名の武術家を紹介)、泊の地とその手(10名の武術家を紹介)、那覇の地とその手(13名の武術家を紹介)、戌の御冠船、空手の形の名称・その他、近代への萌芽。簡素な沖縄空手道歴史年表(495〜1957)も付記。95名にわたる武術家・空手家の紹介は空手書の有益な資料となるであろう。琉球の空手家が、琉球の歴史に大きく関わり影響を与えて、今日に続いていることも記されている。著者の空手観は、沖縄空手は世界最高峰の身心思想と身体操作であるという結論。A5版上製、全413ページ。4800円。

8)武道空手の本質とは 中達也著 大志塾 2012年

日本空手協会の師範で、空手映画の出演でも知られる中達也師範の空手論、空手技術論。56項目に渡り、空手の歴史、流派、型、稽古、礼儀、武道とスポーツ、試合、組手、口伝・気づき、武器、武道伝書などについて考察。空手の本質、役割、独自性、国際化について考える呼びかけの書でもある。分かりやすい文章で簡潔にまとめられている。内容、作りも立派なだけに自費出版、塾生限定頒布品としてはもったいない一冊である。A5版上製、全254ページ。

7)DVD 極真館 極真空手武器術 棒・トンファー クエスト 2012年3月DVD 極真館 極真空手武器術 杖・釵 クエスト2012年4月

武器術についての書籍、ビデオ・DVDは少ない。極真空手で武器を積極的に取り組んでいる極真館による技術DVD。監修は盧山初雄館長、解説は岡崎寛人師範。それぞれの基本動作、型、用法分解の構成。棒術の型は大城の棍、周氏の棍、劉備の棍。トンファーの型は照川のトンファー。杖の型は着杖、水月、斜面、物見、太刀落。の型は多和田の釵(大小)。棒・トンファー篇は113分。杖・釵篇は80分。各5600円。

6)DVD 中国武術の構造 山田英司 フルコム 2012年2月

格闘技雑誌の名物編集長として知られる山田英司氏のDVD。自ら拳功房道場を主宰し指導をしており、その理論は編集の仕事で多くの武術家・格闘家を取材して養われたものであろう。DVDのサブタイトルは、「もしくは中国武術を実際に使うために」。内容は、九門への基本攻撃、九門攻撃の展開例、化六法。写真は、フルコム事務所にて。62分。5000円。

5)最後の気論 今田柔全著 福昌堂 1991年

空手、少林寺拳法、ボディービルなどを修練の後、柔気拳法として新たな武道を創始。その柔気拳法の今田柔全の「気」をテーマにした武道論。ちょうど発刊時には気のブームで武道の世界でも注目された。実技に伴う精神面との関係を武道・格闘技を通して考えた一冊。柔気拳法の練習システムの紹介、武道家(黒崎健時、山下泰裕、猪狩元秀、大西靖人)との対話の章もある。四六版、全360ページ。

4)本部朝基と琉球カラテ 岩井虎著伯 愛隆堂 2000年・2010年

本部朝基の著書である「私の唐手術」と「沖縄拳法唐手術」の二冊を復刻網羅した空手研究書。「私の唐手術」は、原本が五冊も確認されていない幻の空手書といわれている。本書では更に、琉球及び手(ディ)史概論、琉球拳法(唐手術)の歴史、が著者により書かれている。琉球拳法(唐手術)の歴史は、先の「古伝琉球唐手術」の同項目とほぼ同じである。表紙違いの二冊は、内容は同じものだが、本のサイズとレイアウトを改訂して出された。四六版、全246ページ。(表紙・緑色の装丁)再版版は、A5版、全191ページ、2010年発行。

(表紙・本部朝基)

3)古伝琉球唐手術 岩井作夫著 愛隆堂 1992年

空手の原点たる唐手術の研究、技術書。著者は群馬県在住で、日本傅流兵法本部拳法、本部御殿手、気楽流柔術、戸田流兵法などの空手、古武道を修行研鑽。本書は、琉球拳法(唐手術)の歴史、武術として捕らえる唐手技法、型の実戦技法究明の三章構成。唐手技法は、著者が学んだ首里手と泊手系の基本技を写真解説。型の実戦技法は、ナイファンチ、平安、バッサイ、ジオン、ジッテ、クーシャンクー、チンテーの型から実戦用法の一部を写真解説。B5版、全164ページ。

2)DVD 成嶋弘毅 葉隠流空手 クエスト 2012年1月

 葉隠流空手・葉隠塾の成嶋弘毅塾長は、極真空手の名選手として知られる成嶋竜の父親であり、ビジネスの世界ではアニメのタツノコプロダクション社長を務めていた人物である。実子である成嶋竜に幼少の頃より英才教育を施し、極真会館の2階級王者に育て上げたことは、極真の機関誌「ワールド空手」にて劇画「一撃の竜」で知られることになる。葉隠塾創立35周年、成嶋弘毅古希(70歳)を記念して作られたDVD作品。中指一本拳、身体の練り・上段廻し蹴り、防御法・サザエの壺、マキワラを使った鍛錬法などの技術と練習法を紹介。型・ナイファンチ初段は成嶋塾長が演じている。極真ファンに嬉しいのが、特別組手として成嶋弘毅 vs 成嶋竜のスパーリング、特別対談として成嶋弘毅×松井章圭(極真会館館長)も収録。120分+特典20分。5600円。

1)ペキンパー PECKINGPAR VOL.2 「総力特集 真樹日佐夫」 オルタナビジョン 2011年12月

最凶最悪のダンディズムを追及する爆裂ブルータル・マガジンという創刊第弍号のもの。特集として世界空手道連盟真樹道場の真樹日佐夫宗師を表紙から20ページに渡り紹介。巻頭の映画「カラテ大戦争」のページで当連盟が資料提供。A5版、全62ページ。付録DVD220分。2500円。今年の年明け1月2日に真樹日佐夫先生が急逝されました。年に何度かお会いして度々サインをいただき、サインしてもらった著作は200冊以上になります。合掌・押忍。