ふくろしない

韜撓について

 

 

 さて、今回は趣向を変えて、韜撓について少し書いてみましょう。

 韜撓は今では袋竹刀と書かれることもありますが、これはあくまでも俗表現

で、正しい表記はこうです。そもそも竹刀と書いて「しない」と読ませるのは

当て字であり、元々は撓と書きます。これはよく撓う(しなう)ことからこの

ように呼ばれたのであり、韜撓も流派によっては韜(とう)と呼ぶこともあり

ます。韜撓を使う流派には新陰流をはじめ、鹿島新当流、馬庭念流、小野派一

刀流があり、また二天一流も師伝によっては韜撓勢法を伝えています。

 この中で、最も早くから韜撓を使ったのは何と言っても新陰流でしょう。新

陰流では組太刀の大半を韜撓によって行いますが、開祖の上泉伊勢守が発明し

て以来、現在に到るまで使われています。これは一本の竹の先端を細かく割っ

て、その上に革袋を被せて作るのですが、表面がヒキガエルの肌に似ているこ

とから、別名をヒキハダ撓と呼ばれています。この韜撓を使うことにより、よ

り安全かつ効果的な組太刀が可能になったのです。即ち、当たる間合いで動

き、正確に相手を捉えることが出来るようになったのです。

 当たる間合いで動くのは何も新陰流に限ったことではなく、日本の剣術の組

太刀は全てそうなっているのですが、これを可能にするためには、流派によっ

て様々な工夫がなされています。たとえば小野派一刀流や示現流などでは防具

の工夫によって、それを可能にしており、馬庭念流では防具と韜撓の両方を

使っています。新陰流では韜撓によって、それを可能にしたのでした。

 

 

 新陰流以外では、ほとんどは江戸時代に入ってから韜撓が使われるように

なっていますが、その形状や構造、用途は流派によっても異なります。馬庭念

流の韜撓は四つに割った竹がびっしりと詰まっており、非常に硬い作りになっ

ています。これは、太刀の接点から中心を取って斬り込む技術を多用するため

に、その稽古に耐えられるだけの構造になっているのです。演武会では組太刀

の裏三本に使っていますが、普段の稽古ではそれ以外の組太刀でも、木刀より

も韜撓の方がよく使われるとのこと。韜撓と防具を使った試合稽古も行われま

すが、昔は今よりも過激な内容で、面打ちを食らって気絶するような光景も決

して珍しくなかったそうです。

 小野派一刀流では主な組太刀は木刀と鬼篭手を使い、韜撓は主に技の掛け試

しに使っていました。この稽古法から四つ割りの撓を使った稽古法が考案され

ています。それと共に、現在の面、篭手、胴当ても作られるようになったとい

うわけです。

 

   ○本漆仕上げ      価格20,000円(ブドウショップ扱い)

   ○カシュー漆仕上げ   価格18,000円(ブドウショップ扱い)

 

長さ 約100cm、重量約400g